トップページ » CRメソッド

CRメソッド

夢を実現させるならセダック!~進路・海外・目標達成~CRメソッドに基づく最大9年間のエリートプログラム

CRメソッドとは?

クリスティアーノ・ロナウドを育てた恩師が、園児から中学生までに必ず行わなければならないと考えることをマニュアル化したエリートプログラムです。

クリスティアーノ・ロナウドの恩師

クリスティアーノ・ロナウドの恩師

セダックのビジョン

セダックでは、近い将来に達成すべき姿として「個として海外で活躍するプロサッカー選手育成」、また、目指す理想の姿として「二流ではなく、一流の追求」を掲げております。ビジョン実現の為に、どうすれば良いのか考え続けた結果、「成功者から学ぶ」という1つの答えにたどり着きました。

クリスティアーノ・ロナウドの努力~成功には理由がある~

クリスティアーノ・ロナウド選手への評価

12歳~14歳

□レアル・マドリード監督ジネディーヌ・ジダン
私の時代にロナウドもメッシもいなかった。例えば ロナウドの数字を見てほしい。それで気付くだろう。信じられない数字だ。彼の野心が 彼をああいった選手にした。常に勝利を求め ゴールを求める意欲がね。彼は練習中のゲームでさえ負けたくないんだ

12歳~14歳

□ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテ
彼はシャワールームでも腕立てをしていたのを覚えているよ。彼はみんなに言ったんだ。『俺はトレーニングの後でも誰よりも多く腕立て伏せをする』とね。そして、彼は実際にやっていた。誰よりもたくさん腕立てをしていたんだ。このことが、彼がいかに競争的な人間であるのかを示しているよね。彼はその時から誰よりも先を行っていたんだよ

□クリスティアーノ・ロナウドを育てた恩師を求めてマデイラ諸島へ

クリスティアーノ・ロナウドのお姉さまと

アジア人で初めてクリスティアーノ・ロナウドミュージアムへ

最大9年間のエリートプログラム

ザックリと3つ紹介します!

①時期が大切

雨が降っている時に傘をもらえたら嬉しいですが、晴れている時に渡されていても困ります。最大のリスクは、「その時にしか習得できないこと」や「一番成長できる時期」を逃してしまうことです。

3歳~8歳

【3歳~8歳】

左足を動かそうとしても右足が動いてしまう等、体が思うように動かない時期です。この時期に特に身につけておかなければならない運動動作があり、それを身につけておかないと、プロアスリートになった時に絶望的な差を生んでしまいます。

9歳~11歳

【9歳~11歳】

無意識のうちに、今までできなかったことが突然できるようになる等、自分が思ったように体を動かせるようになる時期です。運動動作だけではなく、頭の中や心の中を磨くために、行わなければならないことがあります。テクニックとフィジカルだけ一流でも、プロサッカー選手にはなれません。

12歳~14歳

【12歳~14歳】

運動神経統は9割型形成され、以前とは違い短時間で急成長することが難しくなる時期です。1、2、3、4、5、6、7、8と積み上げても、9(苦)を乗り越えないと10へ行けません。この時期に必ず経験しておかなければならないことがあり、この時期でのメニューがCRメソッドの最終段階となります。

ピックアップ①:選手によっては、小学生であろうと中学生のチーム登録を行い、試合経験を積んでいます。

ここで挙げた各時期における年齢範囲は、全ての選手に当てはまりません。選手の成長スピードは、プラス・マイナスで3歳差ほどの個人差があると言われていますが、年齢・学年での判断ではなく、選手一人一人にあった環境を整える必要があり、それを見極めるためにこのプログラムが必要となります。それは、運動能力だけではなく、学習能力やコミュニケーション能力など様々です。選手の進路においても、Jユースや名門サッカー部、また海外といった、その選手に最適なチームへの橋渡しを行う必要があります。

ピックアップ②:海外1部リーグクラブをはじめ、Jユースや名門サッカー部とのパイプをつくりました。

②一流を体感することが大切

同じ事をするにしても、どこで妥協をするのか、どこでラインを引くのかで、結果が大きく変わってきます。二流ではなく、一流でラインを引き続ける。そのためには、早い段階で世界や全国の一流を感じることが大切です。特に、長野県は雪が降るので、外で練習ができない時期があり、近くに強豪チームの数が少ないため、全国で活躍する選手やチームと試合を数多くする必要があります。

ピックアップ③:当時13歳の選手が海外へプロテストを受けにヨーロッパへチャレンジしました。

ピックアップ④:バスを2台保有しているため、格安で遠征へ行くことができます。

バスを2台保有

また、同じ言葉でも、言う人が異なれば、伝わり方も異なります。CRメソッドを教えるコーチには、特殊な「ある資質」が必須となります。スター選手を育成しているコーチは必ず皆が持っている資質です。

街クラブでは長野県で唯一コーチとプロ契約

ピックアップ⑤:街クラブでは長野県で唯一コーチとプロ契約をしています。

そして、サッカーを引退した後の人生の方がはるかに長いです。CRメソッドでは、サッカーや運動神経を極めることはもちろん、サッカーを引退後の人生においても活かすことができる、成功者が大切にしている「勝つことよりも、上手くなることよりも大切な教え」を、サッカーを通じて伝えていきます。

ピックアップ⑥:セダックの選手全員が、必ず目を見て、握手をしながら挨拶をしています。

挨拶

③時代の変化に適応することが大切

監督が変われば、選ばれる選手が変わります。その時代により求められることが変わります。変化に対して、瞬時に適応しなければ生き残れません。
内閣府が発表したデータによると、平成28年11月~12月時点で、満10歳~17歳までの小・中・高校生の携帯電話及びスマートフォンの所有率は、下記のような数値になりました。平成22年9月時点と比較すると、スマートフォンは55%以上も増加しています。小学生の半分以上、中学生は6割以上が保有しているという結果に対し、猛スピードで時代が変化していると言えます。そんな時代背景からか、スマートフォンやゲームに夢中になる子供達が非常に多く、運動の機会が少なくなり、子供の運動能力は年々低下傾向にあります。
このような時代背景だからこそ、やらなければならないことがあります。

クリスティアーノ・ロナウドの恩師から、定期的にインターネットを通じて旬な情報共有

ピックアップ⑦:海外にいるクリスティアーノ・ロナウドの恩師から、定期的にインターネットを通じて旬な情報共有をしています。

全国初のICTを駆使した選手の育成

ピックアップ⑧:全国初のICTを駆使した選手の育成管理をしています。
Copyright(c) 2013 F.C.CEDAC All Rights Reserved.