トップページ » なぜマリティモか?

なぜマリティモか?

世界中のビッククラブからマリティモを選んだ理由は主に3つあります。

①強豪国の1部リーグに安定的に所属していること

1982年からヨーロッパの強豪ポルトガルの1部リーグ(日本で言うJ1)に所属するチームです。
日本でもそうですが、1部でないと契約金額が低く、現実的に生活できません。

②現実的に日本人のプロ契約の可能性が高いこと

マリティモでは12歳からプロ契約して、お金をもらってサッカーをしている選手が世界中から集まっています。
セダックの選手が渡航した場合に、一番の不安要素は治安ですが、「犯罪とは無縁の島」と呼ばれております。
年間平均気温は20度前後であり、とても過ごしやすい気候なので、一年中サッカーに専念できます。
天然芝や人工芝のグラウンドはもちろん、近年新しいスタジアムも完成しました。クラブハウスがあるのでトップチームの選手と共に生活ができます。
元浦和レッズやヴィッセル神戸に所属した相馬 崇人選手が所属した実績があります。

③ステップアップにビッククラブへの移籍の可能性が高いこと

リスボンから飛行機で2時間程のところに位置する島(日本で言うと沖縄県)がホームタウンとなります。
クラブ経営の一番の収益はスタジアム収益ですが、人口が少ないため見込めません。
しかし、世界有数の移籍ビジネスがうまいクラブであり、若くて上手い選手と契約して、ビッククラブに高額で移籍させることで、収益を賄っています。
実績として、レアルマドリードのぺぺ等が所属していました。

Copyright(c) 2013 F.C.CEDAC All Rights Reserved.